産後太りがなかなか解消されない…そんな時の解消法

 

ママケア4
女性にとって出産は、大切な命を生み出す奇跡の瞬間であり、母としての喜びをかみしめる瞬間でもあると思います。そんな体験をした後、育児に追われながらも気になるのが産後太りです。出産後は通常時よりも体重が増えている人は多いですが、そのままにしていても自然と元に戻るというわけではありません。母乳中心の育児だと体重が減りやすいとも言われますが、これはそれぞれの体質や環境なども違いますので、一概には言えません。

 

母乳中心でも体重が減らない、逆に増えてしまった、ということもあります。

 

産後太りを解消していくためには、やはり努力や対策をしなければなりません。では、一体どうしたら良いのでしょうか?

 

1.適度に運動をする

体重を減らすためには、やはり適度な運動が必須です。しかし、家事や育児など日々忙しく、なかなか運動ができない、という人も多いかと思います。
ママケア1

そこで、家事や育児をしながら出来る運動、それはウォーキングです。

 

赤ちゃんをベビーカーに乗せて外を散歩するだけでも効果がありますが、散歩の時に足やお尻やお腹など、自分の気になる部分を意識して動かすようにすると、より効果が得られます。また、抱っこ紐で抱っこしてのお散歩も同様です。散歩は、赤ちゃんのためにも自分のためにもなりますね。

 

2.食事のカロリーに気を付ける

運動をしていても、1日の摂取カロリーが多すぎると体重も落ちません。
例えば、1日に1800kcalなど目安を設定して、目標体重に到達するまでは守っていくと、余分な体重は落ちていきます。しかし、時には食べ過ぎてしまう日もあるかと思います。そんな時は翌日、食事を少し少なめにして、2日間で合計3600kcal以内になるようにするなど、調整が可能です。
ママケア2

食事を気にしすぎてストレスが溜まってし舞うと逆効果ですので、ストレスを溜めないようにしましょう。

なお、母乳のためと食べ過ぎることも注意が必要です。普段通りの食事の量でも、母乳が減ることはありませんのでご安心ください。

 

3.毎日体重計に乗る

毎日体重計に乗ることで、体重を気にする習慣を身につけることができます。そうすると、自然と日常生活でも意識をするようになり、暴飲暴食などに気を付けることができます。
ママケア3
いかがでしょうか?家事や育児をしながらでも、産後太り解消のために出来ることはあります。すぐにでも実践可能ですので是非試してみてください。

 

妊娠線対策でマッサージ!

太るのを予防するために毎日毎日コツコツとマッサージもオススメですね。
信じて毎日やればだいたい脂肪も減っていきます。とにかく習慣化するのがオススメです。

 

世の中にはマタニティマニアの男性も多いので、妊娠線クリームなんかを塗ると良いかもしれません。
リンク先はベルタやらAFCの人気クリームレポートサイトです。

 

妊娠線予防と産後ダイエットのダブルで美を磨いていきたいとこです。

 

自分の時間をできるだけ作る

 

産後半年余りは慣れない育児で疲れてしまい、自分の事にはなかなか手が回らなかったせいか、ふと鏡をみると腰回りに肉がつきシミだらけで疲れ果てた自分の姿がありました。
ママケア5
それに気づいてからは心を入れ替えて、いろいろ自分磨きをしてきました。昼間などはどうしても子供に手を取られてしまい自分の時間がないですが、夜間は子供が寝てくれるのでその時間をできるだけ有効に使います。

 

夕食の片付けをできるだけ早く切り上げ、子供を寝かしつけた後に主人に子供を見てもらい、散歩に出かけます。

あまり遅くなるとできませんが、できれば1時間位散歩しています。またお風呂上りには簡単にストレッチを行っています。それだけで産後太りを解消できました。毎日はできないですが、そうやって意識するだけで違ってくると思います。
ママケア6

 

お肌のお手入れも、なかなか子供に手がかかるのでしっかりはできないですが、お風呂上りにすぐに化粧水や美容液をつける癖がつきました

子供のことをしていると後で自分のことをやるのを忘れてしまいがちですが、忘れない様に習慣化するとつけ忘れを予防することができます。スキンケアは化粧水と美容液だけなどシンプルなほうがいいです。
ママケア7
できるだけ効果がありそうないいものをしようしています。若い頃はいろいろな化粧品を試しましたが、あまりたくさんのものを使用しても効果はいまいちだったので、それならシンプルにいいものを使用するというスタイルに落ち着きました。このおかげでスキンケアにかける時間が減りましたが、しみやしわは少ない方だと思います。産後すぐはかなりシミが目立っていましたがそれも無くなりました。

 

子育ては時間との戦いです。なんだかんだやっていると自分の時間もなく毎日あっという間に過ぎてしまいます。

できるだけ自分の時間を作るために、やるべきことは簡略化してさっさと終わらせれば、時間を最大限有効に使えます。